[大恋愛 7話(11/23)]感想とネタバレ!小池徹平(マツオ)はアルツハイマーを偽装?理由は妻に逃げられたこと?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をネタバレを含みますので放送見られていない方は注意してください。また、時系列になってないで思ったこと書いてるのでご容赦を・・・

さてさて、先週はなんか予想外すぎることが起こって、目が離せない大恋愛www

小池徹平さん演じるマツオが、メンヘラにしか思えない状況です。

404 NOT FOUND | ログ・コーリング

で、学生の前でスピーチする予定だったけど、倒れちゃったナオが自分のことを分からなくて、井原先生に暴言吐くシンジ。

井原先生はメッチャ大人だし、ナオはシンジのこと覚えてるし、とりあえずはって感じです。

ただ、キスしたことを覚えていないのか・・・

それとも覚えていないふりをしているのか・・・

本当にシンジからしたら、いろんなこと疑心暗鬼になっちゃいますね・・・

まぁ、マツオがサイコパスっぽいことは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小池徹平(マツオ)は怖い

心から分かる酔ってキスしてあげたんだ。

喜んでたよ。ナオさんも。

どんなに心配したってどんなに大切にしたって健康な人に僕らの気持ちは理解できないから・・・

そして、

誰も僕のことなんか心配していないんです。妻も逃げ出したし・・・そのうち間宮さんの旦那さんも逃げ出してしまいます。そしたら、僕の出番かも・・・

と言っていたマツオですが、、、

どうやらハウリングが原因んナオが倒れちゃった?

あいえないだろ!!!

皆、怒ってます!!!

ナオのシンジへの愛は本物。それがもどかしい

朝、2人で歯磨きしてる時、いつまで2人でできるのかなって、、、

いつまで覚えてるのかなって、、、

切ないな。

でも、2人の愛は本物。2人きりで話してるシーンなんてやっぱ思わず見入ってしまう。

だからこそ、記憶をなくしていくナオが切ないんだよね・・・


で、ママにナオが質問www

パパ以外に恋したことないの?

 

ナオの病気の進行度合いは?

ここで井原先生から悲しいお話が・・・

サキタミンの治験が難しくなった。理由はテストの結果が悪かったことと、先日行った検査の結果でもアルツハイマー病に進行してしまい治験の対象外になってしまいました・・・

シンジがムキになるの分かるし井原先生はいい人だし、、、誰に起こればいいか分からないもどかしい状態・・・

ナオちゃんはもう、全然わからなくなってきてる・・・(悲しい・・・)

私にはどれだけ時間が残っているのでしょうか?

それは人によって違いますので希望を捨てずにいきましょう。

 

もはや絶望しかない。


ナオのお母さんもやばいやろ。なんかだんだん見てられなくなってきたな・・・

生きていくのは試練ですから。あの子はかわいそうな子ですけど、でも夫に愛されて先生にもね・・・よくして頂いて、そういう意味では幸せかもしれませんね・・・

もう泣くやろ・・・

シンジにつらく当たった時はムカついたけど本当に良いお母さん。

 

ナオとシンジの最後のシーンがいい

ずーーーっと手をつないでいたら疲れちゃうね。

じゃあ離そうか?

嫌だ。このままがいい。

居酒屋では離してたけどな・・・

私、今夜のこといつまで覚えてられるかな?

 

忘れていいよ。大したことじゃないから。

私やっぱり、シンジの子供産もうかな?治るのなら生むのもありかな?って思ってたけど、治らないんだったら凄くシンジと私の子供が欲しくなった。だって、シンジと私の子供はシンジと私にしか作れないでしょ?

そりゃそうだけど、、、

私が生まれて、少しは医者として人のために働いて、シンジと出会って、小説が生まれ、シンジと私が愛し合ったっていう記憶が欲しい。

 

記憶?

もちろん、子供はノートじゃないけど、でもシンジと私の子供をこの世に残したい。協力してくれる?少しでも長くその子と3人の平和な暮らしが持てたら私も少しは生まれてきた甲斐があったかなって思えるかなって・・・

うん。

ありがとう.。

ありがとう

、、、

心から幸せになってほしい・・・

コメント