麻生太郎財務相がコロナは風邪と発言!私は半分信じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

麻生太郎財務相が5月12日午前の参院財政金融委員会で、

どのみち私はちょっと偏見があるので恐縮だが、これは風邪だから、はやり病だから・・・

と語ったそう・・・

これに対しては批判の嵐。

  • 医学の知見があるわけでもないのに軽々しく言及しないでほしい。
    ましてや、楽観論で財政規律のために出し渋るのだとしたら全く国民にとって有害。
  • 発言が浅過ぎて話にならない。
  • もー開いた口が塞がらないってこの事だな、世界中が緊急事態の対策にやっきになってるのはただの風邪の為って、政権の中枢に居る人間がこれじゃあな。

当然ですね・・・

だけど、よくよく考えると、、、てか前々から結構多くの方がSNSで語っているけど、

コロナは風邪では???

と私は思っています。あくまでも私はです。だから、政府も数字をごまかして無理やりに収束させようとしているのではないでしょうか・・・

例えば「町の猫さん」の計算によれば、、、

で、5月8日に厚労省が「国籍確認中」の患者数を計算できないようにしたわけです。

 

そして、この国籍不明者数に関しては、馬淵睦夫さんも動画で語っています(コロナが風邪とは言っていません。)

 

「コロナが風邪」というのを信じろとは言えませんが、これだけメチャクチャなことが続いていれば、正しい情報を追い求めたくもなります。そして一時期は、QアノンやRAPT理論等を完全に信じてしまいそうになりました。

全てが嘘だとは思っていません。

だって、twitterは色んな派閥の方が集まって、お互いを信じさせようと色んなことを仕掛けてきますし、派閥内でも解釈が違う方もいるわけですから、政治に疎い素人は何か正しいか見抜くのはかなり難しいと思います。

今も、私は半信半疑です。

だからこそ、一貫性のある方の意見を今の私は信じています。

結果、今の段階ではコロナは風邪と思っているわけです。

まぁでも、マスクはいつも着用はしていますよ。

頭がおかしい奴と思われるのが嫌ですからねwww

ではでは、、、

コメント